静暦トップへ > Archives > 2015-05-27

2015-05-27

棚卸しあるあるエピソード

昨日から、5月末の風物詩(?)、棚卸しが始まりました。

各階や倉庫など、みんなで散らばって在庫確認に精を出した本日。

スタッフKの担当は、フロント周辺&土産物関係・・・なのですが。

とある場所にある、とある狭くて低い倉庫の中には、よく使う備品の「使いかけシリーズ」が、日の目を見る日を夢見て眠りについています。

たとえば、封筒。たとえば、お土産の袋。たとえば、サービスでお付けしたり販売したりする入浴剤。

そんな、紙の束や細かいものが大量に、かつ、全部使いかけ=一枚ずつ数えましょう。

というわけで、午後からはひたすら数を数えました。

封筒様

入浴剤たち

いち、にい、さん・・・

(業者さん)すいませーん鍵貸してくださーい!

はーいちょっと待って下さ・・・さんじゅ・・・あ、あれ? あああああ何枚か分からなくなったああああ!!(※実話です)

なんて、お約束のあるあるエピソードも勿論あった、血と汗と涙の(?)棚卸し。

年に一度は、どの会社でもお店でも、本当に大変ですよね。風邪も流行っているようなので、皆様、体調に気をつけて風物詩を乗り切って下さいませ。

 

Written by フロントスタッフ・こにたん

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

静暦トップへ > Archives > 2015-05-27

Search
Feeds
Meta

Return to page top