静暦トップへ > Archives > 2016-05-20

2016-05-20

いつもココロに芍薬を

『立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花』

キレイな花を見れば思い出す、このことわざ。いやホント、お花のキレイどころを的確に捉えてますよねえ。

で、そのキレイな花の中のひとつ、芍薬。
ステキな芍薬をステキに生ける社長ですが、立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花・・・と言いながらなのが気になる!なんかグサッとくる!(被害妄想)

ハゼと芍薬

芍薬

瑞々しいハゼと一緒に。
白と濃い緑、対比がホントに美しいです♪

玄関先で♪

そしてこちらは、ハゼ&杜若(・・・たぶん。アヤメじゃないと思うんですが)と一緒に。
堂々と、かつ清楚に、玄関で皆様をお出迎えです♪

杜若と

・・・しかしながら、ホンっトに芍薬の花ってきれいだと思うんですよ。
そんな花に形容されるくらいだから、『立てば芍薬~・・・』のことわざ、相当美人じゃないとダメだよなー・・・とか、なぜか地味に凹むスタッフK。

まあ、無駄に凹んでてもしょーがないので、芍薬や百合はココロの中に咲かせつつがんばりまーす(適当)。

 

Written by 今から紫陽花咲くのが楽しみなスタッフ・こにたん

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

静暦トップへ > Archives > 2016-05-20

Search
Feeds
Meta

Return to page top